お墓物語

2008年07月09日

説法を辞退する信者 お墓物語

説法を辞退する信者

先日都内のあるお寺で、お手伝いをしていました。
法事で檀家さんが到着、親戚さんもたくさんいました

住職は今日は30分くらい時間をいただいて・・

すると檀家さんはいや結構です・・
親戚のことばかり気にしていた感じです。

檀家として扱った住職がかわいそうでした。
お墓に眠っている故人のことを考えるというか
法事を無事に済ませたいのか

信仰心はなくなってきたようですね。
檀家制度に変化があるますね。

お布施を包むのであれば説法くらいしてくれ、
ありがたいなんて人もいるのですが・・
色々ですね。




posted by 墓石屋 at 23:10| Comment(40) | TrackBack(0) | お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

初盆

 故人が亡くなってから初めて迎えるお盆のことを
「新盆(にいぼん)」又は「初盆(はつぼん)」といいます。


忌明け前にお盆になるときには、翌年が新盆となります。
亡くなった日が7月で、七七忌(49日)を終えていない新仏の霊について、
翌年が新盆となります。

初めてもお盆のときは、白い提灯を飾ります。
次の年はその提灯は使わず、綺麗な色をした提灯を飾り、ご先祖(故人)
をお祭りします。

時期は7月13日〜7月16日 旧暦の場合は8月13日から8月16日になります。
すこしややこしいですが、地域性があるので、お寺などに相談してもいいでしょうし
近所にあわせてもよいでしょう。

初めてのお盆は、すこし豪華にお祭りをしましょう。
一度きりですから、通常のお盆よりきちんと飾り付けをして
やることがいいかと思います。最近は住宅事情でできないところは
できる範囲で、盆飾りをすればよいと思います。

飾り方は、仏具屋さんに聞けば詳しく教えてくれますよ。

普通のお盆と、初めてのお盆の違いだけは
覚えておきましょう。




posted by 墓石屋 at 12:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 法事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。